忍者ブログ
雪国からつづる、摩訶不思議に憂鬱な物語
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日の
小関の3塁ベース踏み忘れ事件
巨人が抗議文を出すようです

だが、その論調が凄い
どうやらビデオ映像を入手したようで、異様に自信満々だ

>審判員として功績をお持ちの西本審判員は、昨日のジャッジで歴史的、かつ考えられないミスを犯した。両チーム、多くの人の名誉、威厳を傷つける結果になりつつある。ミスジャッジでした、と終わらせてしまうにはあまりにも大きな問題

これ、かの若大将監督の言ったこと
どれほど決定的な証拠を入手したかは知る由もないが
既に断定して名誉や威厳の話まで持ち出してるのが凄い

これって、誤審じゃないという結論になったら
逆に名誉毀損になるんじゃないか?


さて、自分はロッテファンだが
はたから見てて
往生際が悪い

と思う

マリーンズに同じようなことが起これば
こんな風に思えないかもしれないが

プロとして
当事者(小関と西岡コーチ)がその誤審(だとして)に対して、その場で自信を持って抗議できず
そのまま終わったことに
ここまで未練タラタラに言うのはどうかと思うよ

政治的に巨人が強いのはわかっているのだから
結果的に、自分の得意なフィールドにきてからわめき散らしてるようにしか見えない
またイメージが悪くなる気もする
もちろん、そんな事を言われてるロッテも

もう少し言うことを吟味できなかったのか、と思います


あっ、それと原監督
>再試合を要求したい。バレンタイン監督なら私の気持ちも伝わると思う

とか言ってますが

ボビーってそういう意味で”いい人”では
絶対にないと思う

なんだかんだ言ってかなりの食わせ者だと思うよ
そこも面白いんだけどね





あっ


日本代表負けた
PR

千葉の鏡(ミラー)投手


極・炎上



この火力は炎の錬金術師ミセリに匹敵する



途中までは、終盤に一気に逆転して
どんな強いチームだよとか思ってたのにね




実際、ワトソンも二日ヒットなし
相手がワトソンのことを何も分かってない状況でこれは

打撃に根本的な欠陥でもあるんじゃないだろうか?
初日を活躍を見たときは

こういうタイプって相手投手に研究されてからが勝負だよな

とかネガティブな見方をしてたが

想像をはるかに超えていた

それでもまだサブローや橋本より打率がいいのが

なお悲劇


なんかもう
最近気力がなくて
何も考えないで書ける野球話しかする気がおきない



さて、途端に投手陣が苦しくなったロッテ

先発5番手までは磐石なものの、6番手が決まらず

バーンは…
昨年の初めのセラフィニもあんな感じだったので、いつか調子を上げてくると思っていたが…
やっぱ勝てない投手ですね
バーンがバーン(炎上)

成瀬は、まあまだ見切るのは早いかな
打撃好調の阪神、ヤクルト戦での炎上はあるていどしかたがない
初物左腕に異様に弱い巨人や広島(とかロッテ)戦ならばまだ試合を作れる可能性もあります
まあ、そろそろ調子よく投げてほしいですね
それができなければ、それが実力です

んで、次の候補がいないんですよね…

もはやファームがどんなローテーションで回してるのかすらさだかではありません

次回成瀬が結果を出せなければ
冗談抜きで先発小宮山もあり、というかそれしかないと思う


打撃は、だいぶ調子がでてきたけどね

いつのまにかまともな打率の打者が並んでいる打線にはびっくり
ついこないだまで打率一割が数人、後も打率二割前半ばかりだったと思ったのに

それでも
相変わらず満塁で点が取れない病は深刻だったりする

さっきロッテと楽天が、どちらも1アウト満塁で見事に点が取れなかったときは笑いました

あーなんて言ってるうちに
またコバマサ登板
さすがにやばくないか?
あっ、西岡と福浦ファインプレー
あんなの、福浦でなきゃ取れないよ

なんてえらそうなこと言ってたら
ファーストフランコだよ…
よく捕れたな…

あー



矯正(強制)終了


現実(ロボコン)行ってきます

時間泥棒の隙をついて

今年のFA選手連載開始

第1回は、日本ハムファイターズの看板打者、小笠原選手

各年度の成績は以下のページでも見てください

小笠原各年度成績

最初に
04年までは神がかり的な打棒を発揮し、首位打者争いの常連だった
だが昨年は本塁打を増やしたが大きく打率を落とした
交流戦で打率が急降下し、対応力を疑問視される声もあった
そんな意味でも、今年まともな成績を残せばFAの大チャンス
そんな小笠原選手を考えます


さて、今のところ権利を行使するともしないとも明言していない小笠原選手

宣言すれば争奪戦になるに違いないが
結局、どこに落ち着くかを考えて見ます

①メジャー

一応、興味があることを否定してもいない様子だった気がする
WBCでもそれなりの打棒を発揮し、関係者にアピールもした

だが、問題となるのは守備位置

小笠原は基本的にファーストかサード

これはメジャーでトップクラスの打撃能力を持つ選手がしのぎを削る場所です

松井(稼)が恐ろしいほどの評価の高さでメジャーと契約できたのは、攻走守が高いレベルでまとまっていた(と思われた)ことと、それでいてショートを守れるという希少性からでした

他にもイチローは身体能力全てが飛びぬけて高い、松井(秀)は日本で敵なしの打撃能力に、広いヤンキーススタジアムのレフトを守れるほどの守備力はあった、などの付加価値がありました

悪いことに、松井(稼)の大失敗で日本人野手の評価はあまり高くなくなってしまい(証拠に、井口はそんなにいい条件ではなかった)、小笠原と同程度か、少しアベレージで劣る程度の打撃能力の城島ですら、メジャーにおいて打撃だけで見れば今のところそこそこの成績しか残せていないという事実もある

そんなわけで、よほどメジャーに憧れがなければ、条件面で折り合わない気がします

②FA移籍

日本のFA移籍は、現状一部の球団しか行おうとしません
よって、小笠原レベルの打者を獲得できるのは、基本的に巨人、阪神、中日、ソフトバンク、おまけに横浜に限られるといってほとんど間違いはないでしょう
では、各チームの状況を考えてみます

・巨人
小久保もFA権を獲得し、去就は未定
さらに、一塁のレギュラーであるスンヨプもメジャー志向
これらのことを考えると、小笠原ほど的確な補強ポイントもない
獲得に向かう可能性は高いと思われる

・阪神
生え抜きレギュラーの今岡は、今年の調子を考えれば権利を行使せずに残留であろうし、ファーストもシーツが好調である
確かに魅力的な人材ではあるが、野手陣よりも投手陣の強化に向かうと思われるので、獲得はないだろう

・中日
サードはいまだ立浪に頼っている状況で、補強ポイントには合っている
だが現在経営が大赤字らしく、わざわざ獲得に向かうかというと、微妙である

・ソフトバンク
サードは若い松田と江川が争っている状況
わざわざバティスタを解雇してまで確保した育成枠だが、それが原因で今年の苦戦があるのも事実
小久保復帰の話もあるが、ソフトバンクに親会社が変わった状況で、前の会社の代の看板打者を本気で取ろうとするかはわからない
それを考えれば、獲得は無きにしも非ず

・横浜
サードは今年ブレイクの村田がいる
ファーストは重要な補強ポイントではあるが、わざわざ獲得するかはわからない
ただ、佐々木がいなくなり、そろそろ石井や鈴木の複数年契約も切れて資金的には出せるのかもしれない

③残留
小笠原と犬猿の仲であった新庄は今年限りでの引退を表明し、そういった意味では残りやすい状況
投手陣が整備されてきて、相対的に他チームの戦力が下がったために日ハムも優勝争いができる位置についている
今年の結果も微妙に去就に関係してくるだろうが、残留の可能性も高い


結論

24% 残留(FAあり)
20% 残留(FAなし)
25% 巨人
15% メジャー
5%  中日
5%  横浜
5%  ソフトバンク
1%  その他

こんな感じかと
日ハムの対応次第では、巨人入団がとたんに現実味を帯びてきます
もともと、東京ドームは本拠地でしたし
また、これから大きく成績を落とすか、優勝を目指してなどの理由でFAを行使しないで残留も考えられます

まあ、きれいにまとめないで一言


巨人にだけは行くなよ

[1] [2] [3] [4
«  Back :   HOME  
カウンター
キリ番は報告ヨロシク そん時は土産でも買ってきます
称号一覧
現在取得した称号 ・ビンミョン ・旋盤界のロナウジーニョ ・発表のペテン師 ・板バネのヒロシ ・弓道弐段 称号は随時募集中
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(10/01)
(09/18)
(03/26)
(03/19)
(03/17)
プロフィール
HN:
SIMO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]