忍者ブログ
雪国からつづる、摩訶不思議に憂鬱な物語
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


友人に
「アリストテレスの時代、学問は一つだった。宗教、科学、哲学……それが今は細分化され、それぞれの専門化が進んでいた、だが量子力学の発見と発展は再び科学と哲学やその他との融合を促し、いつしか学問は再び一つになるだろう」
「我々はアリストテレスの科学を笑うことはできる、『ある種の下等な生物は地中から自然に発生する』とかいう自然発生説なんてのは今どき小学生でも否定できるやつがいるだろう、だが我々はアリストテレスの哲学を笑うことはできない、ならば……哲学とは……」



とかなんとか言ってたら


あんま難しいこと考えてると


またになるからやめろ


と諭されました
SIMOです

まったくもって否定のしようがない正論で
もう少し適当に生きようと思います
まる


……


んだらば適当に今日の野球の感想でも

○鴎×檻
とりあえず大松のHRは完璧でした
内角の難しいコースを前のポイントで見事に引っ張ってました
こりゃあ今年は期待できるよぉ

対照的にカブレラはズタボロでした
荻野が外角のボール球しか放ってないのに空振り三振
ありゃあダメですね

まあその影で浜中なんぞは地道に調子を上げていて
あと二戦、寝た子を起こさないように気をつけなければ

中継ぎはまぁこんなもんでしょ
それでも川崎、荻野の内容が良化するなど良い兆候があるだけ素晴らしい

○鷹×猫
とりあえず杉内と帆足で投手戦してる時点で結末は見えてました
その間の猫の攻撃も散発に意味の無い出塁ばかりで点を取れる気配なし
馬原が帰ってくるまでの唯一のアキレス腱たる抑えもニコースキー相手に無駄に動いて自滅
代打なり守備なりで選手を交代しないのが、結局は一気に野手の選手層が薄くなった証拠で
先発も不安定な猫に、ちと浮上のきっかけが見えません……

○巨×薬
ベストメンバーの巨人、あえなく沈没
まあ調整不足は当初から懸念されていたことで、しばらくは我慢の時間が続くかもしれません
まぁあえて言うならば原監督ってのはこういう悪い流れを止められないことについては定評があるので、周囲が気を遣ってあげるべきですね
そうでないと4月中にキレル渡辺会長の姿を拝むことになるかもしれません
ヤクルトはこれから数戦の先発投手の出来がわからなければ評価はできません
打線、中継ぎ以降はどうにかなりそうなので、村中や増渕がファンの妄想レベルに活躍しなければまだまだ厳しいでしょうね

○虎×☆
虎、鮮やかな逆転勝ち
まぁやっぱりこのチームは今年もJFK&金本のチームですね
この戦法である程度勝ち星が見込めることは解ってるんで、むしろ彼らが強制的に離脱する五輪期間中の戦いが鍵でしょうね
☆は……まぁ惜しかったかな
それにしても出てくる選手が石井、仁志、佐伯、鈴木、小関、入来とまぁ見事なほどベテランぞろい
いつの間にやら禁忌の二番仁志なんかもやってますし、なんか今年もダメな気が満点です(個人的に

○鯉×竜
さて、最終回の赤松の打撃を見てみましょう

2アウト満塁 ピッチャー平井 バッター赤松

・1球目 ストライク 1-0
甘い球を悠然と見逃し
まぁ平井がやや乱調気味で、前の打者栗原にデッドボールを当ててすぐの初球、見逃すのはそれほど愚策ともいいきれません
問題は次

・2球目 ファール 2-0
外角に沈む難しい球をファール
やっちゃいました、初球の甘い球を見逃し、次の難しい球をファールなんてもっともやっちゃいけないパターン
相手の型にはめられてます

・3球目 ボール 2-1
内角高めのあきらかなボール
驚いて避けてました、もうね、だめだこりゃ
当たっときゃあ一点ですよ

・4球目 空振り三振
最後は余裕の落ちる球で終わり
球に喰らいつくことすらできまへんでした


・結論
まぁなんというか
阪神時代の赤松がアホの子と呼ばれてた理由が少し解りました
まあアホというより、馬鹿みたいに素直なんですね、性格が
打撃の技術とかうんぬんというより、プロで求められる結果の出し方を知らんのでしょうね
あの場面、代打喜田をなぜ出さなかったという意見もあったようですが、まぁ結末は変わらんでしょうね
緒方とか言うんなら話は別かもしらんけど
まぁそれでも生贄みたいに非科学的ながらも人心の安定程度は望めたかもしれませんが



そんなわけで
常々セリーグで一番好きな球団は広島だと公言してきたからこそ
こう言いたい



このままじゃあ少なく見積もっても、今年もBクラスですね……



まぁそんなグダグダな試合をモノにできないあたり、竜も戦力のピークは越した感があります
大体戦力も把握した(ような気がする)から、明日あたり後出しじゃんけんな順位予想でもしてみるかねぇ
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私説公開
「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。
石垣眞人 URL 2008/10/01(Wed)15:14: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239
«  Back :   HOME   : Next  »
カウンター
キリ番は報告ヨロシク そん時は土産でも買ってきます
称号一覧
現在取得した称号 ・ビンミョン ・旋盤界のロナウジーニョ ・発表のペテン師 ・板バネのヒロシ ・弓道弐段 称号は随時募集中
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
(10/01)
(09/18)
(03/26)
(03/19)
(03/17)
プロフィール
HN:
SIMO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]