忍者ブログ
雪国からつづる、摩訶不思議に憂鬱な物語
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


数日遅れた気もしますが
高専の皆さん、卒業おめでとうございます

早いものでもう高専入学から7年
あるものは就職し、あるものは雪国などに飛ばされる中
7年もの月日を単一の学校で過ごした皆さんは変態ある意味では幸せ者ではないでしょうか
小学校より長いっちゅうねん

耳にする限りでは皆進学も就職も決まり
某氏が就職するというS○GAでは一割の希望退職者を募り
土嚢がどうなったかは知る由もありませんが
留年するのはtakedaばかりであります

明日行われるという同窓会に出席できないのは心残りですが
まあそれが最後というわけでもないわけで
また会える日を楽しみにしています
会社も学校も窓際社員は大変ですが、行く道に幸多からん事を




以下、通常進行で
……


揚げ物名人の夢を見ました
SIMOです

夢の中の名人は素手で煮えたぎる油に踊る揚げ物を自在に操っていました
あの感動の光景は是非とも万人に見せたかった……
修行すれば油も熱くないとか必死に自分を納得させてたよ


……


さて、んだらば今日見たマリーンズ開幕戦の感想でも


○ダルビッシュ対コバヒロ
 初の開幕投手だったコバヒロ
 これ以上は考えられないほど完全なピッチングだった前半
 ところが6回途中、エラーもあったが満塁のピンチに

 足が攣って降板……

 ああぁぁ、嫌なデジャブが……
 初の開幕投手という大役が良くも悪くもこの緊張になっていたとしたら……
 やっぱり清水さんは重要な役回りでした

○なんで小宮山とか中継ぎ
 と思ってすみませんでした
 ぶっちゃけあの回で2、3点取られて
 最終回前あたりで中継ぎが捕まって試合終了かと思ってましたが
 小宮山さんがよく粘って追加点を防止
 負けたとはいえあのピッチングをされたら今日は足を向けて眠れません

 というのはともかく、本来は他の信頼できる投手が登板しなければならない場面
 ぱっと小宮山・高木以外の選択肢がない中継陣は前途多難です

 あとアブレイユ初めて見ました


 うん……オープン戦で結果を出してたのに各所で酷評されている原因の一端を垣間見たような……
 かなり素人臭い投げ方から解説者にすら揶揄された早い棒球……
 まあ現状でも一月か二月はごまかせるでしょう
 その間に技術的な修正を行うか代役を立てないと

 ……立てられなければシーズン終了の可能性もありますね

○相変わらず好き勝手やる攻撃陣
 ぱっと見ズレータはヤヴァイです
 ダルビッシュのスライダーを眼で追おうとすらしてませんでした
 オープン戦の成績を軽く見ても打てないばかりか打球が外野にすら飛ばない……
 これは……まだ率を残せる分ベニーの方がマシかもわからんね
 そしてそのズレータを筆頭に相手投手の嫌がることをするという意識が欠落した相変わらずの打線
 1.5戦級の相手ならば気持ちよく打ちまくることもあるでしょうが、現状ではダルビッシュとか涌井とか杉内とかのトップレベルの投手を偶然以外で点を取ることすらできない
 昨年のロッテの打率、得点がリーグ一位だったのに数字どおりの脅威を感じないのは、今日みたいにエース級の投手から一点を取る工夫ができないからですよね

○不運だらけの試合
 何より今日は凄まじいほどに運が悪かった
 5回の満塁時の西岡のファーストゴロ
 ダルビッシュも「セーフだと思った」という際どいタイミング……
 あそこで一点でも取れてれば今年の課題である中継ぎ以降というのを開幕戦から試すことをできたのですが……

 コバヒロ負傷降板は前述の通り
 そして福浦も負傷退場……
 あれは今江も福浦も小谷野ももうちょっとどうにかならんかったかというところですが……
 これが最終回の代打橋本に繋がったわけで、ちと痛いでは済まないアクシデントでした

 6回、最期のチャンスも悲惨
 まず早川の三塁線へのヒットはベースに当たって内野に転がります
 あれは普通は長打になるコース……
 ここで意外にも福浦で送りバント
 さあ、問題はここからです
 バッターサブローの場面でなんと早川が三盗を試みます
 結果は……そんなに際どいタイミングでもなくアウト
 空タッチとかの話はよくわからんかったのでとりあえずスルー

 まあこの判断は決して間違ってなかったとは思いますよ
 あの場面で盗塁というのは十分に意表をついていたわけで
 見返りがワンアウト三塁ならば決して悪くない
 増してや俊足早川といえど、日ハム外野陣相手では単打で還ってこれる保障はない
 式にすれば
 サブロー、大松が連打≒サブローor大松が長打<早川の三盗成功

 とすればよく訓練されたロッテファンならどちらの確立が高いかはもはや……というわけで

 まあ危険な博打だったのも確かで、この攻撃を最期に流れは完全に日ハム側に行き、ロッテ打線は魂を抜かれたかのようにランナーすら出せなかったよ……

○今後の展望
 まぁなんとなく中継ぎ以降はどうにかなるんじゃないでしょうか
 アブレイユがなんだかんだいって短期間ならば騙し騙し使えるでしょうし
 神田、中郷、服部、根本、シコースキーなどを適当に使っていければ、むしろ量的にはここ数年来無かったほどの充実振りであったりします
 ロッテは勝つときは馬鹿勝ちすることも多いので、なんかどうにかできる気がしてきた

 問題は打線だねぇ
 未だ代打の一番手が橋本では……
 サブローも完全に不調の年のジンクスにはまっとるし
 ズレータとオーティズも昨年の成績すらクリアできる気がしないぞ……

 まぁまとまりもオチもないけどここらへんで
 まぁ開幕戦を情けなく落としたのは2005年も同じさと強がってみる
 訓練されたロッテファンは開幕10連敗までは笑顔で見てられるのです
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233
«  Back :   HOME   : Next  »
カウンター
キリ番は報告ヨロシク そん時は土産でも買ってきます
称号一覧
現在取得した称号 ・ビンミョン ・旋盤界のロナウジーニョ ・発表のペテン師 ・板バネのヒロシ ・弓道弐段 称号は随時募集中
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(10/01)
(09/18)
(03/26)
(03/19)
(03/17)
プロフィール
HN:
SIMO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]