忍者ブログ
雪国からつづる、摩訶不思議に憂鬱な物語
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


読売巨人軍を舞台に、試合に不器用な選手たちの報われない連敗や、自分の才能や生き方について迷うドラフト下位選手たちの姿を描き、若い世代の支持を得た。Chapter.1から14まで、『日本テレビ』2000年6月号から2001年7月号に掲載され、Chapter.15からChapter.56までは『TBS』に連載されていた。Chapter.57からは延長が打ち切りとなり、2006年7月28日発売号に掲載のChapter.64において最終回を迎えた。現在(2006年7月28日)までに順位は5位(最下位と1.5ゲーム差)、オーナーからの呼び出し一回。

2006年に、4回目の最下位を目指す。

なお、タイトルの「ハラタツ」は巨人軍の監督『原辰則』から、「グローバー」は前ブルワーズの同名助っ人選手『グローバー』からとったもので、ファンが今年の戦犯を決める際に『原辰則』と『グローバー』という2人が槍玉に挙げられているのを見たのが始めである。そのためアニメの挿入歌には原辰則とグローバーの楽曲が抜擢された。


巨人軍監督・原辰則は、打てない打線や崩壊する投手陣に悩まされながらも、日々監督生活を楽しんでいた。

ある日、原達はチームのスカウトの中島からブルワーズのグローバーを紹介される。人見知りが激しく口数も少ないグローバーだったが、その妙に打線の援護を誘う強運に原は自分でも知らぬ間に一目惚れする。そして変人として知られている先輩の堀内もまたグローバーを気に入ってしまう。しかし堀内の愛情表現は他人にはわかりづらく(そして肝心のグローバーにも)、周囲からは堀内がグローバーに嫌がらせをしているようにしか見えない。

……

という妄想を(もういいっちゅうねん)

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
タイトルだけでお腹いっぱいになれました
大佐 2006/08/06(Sun)23:36: 編集
無題
そう言っていただければ
妄想のしがいもあります?

ただ、ネットで検索してみたら既出のネタだったようで……
SIMO 2006/08/07(Mon)00:21: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95
«  Back :   HOME   : Next  »
カウンター
キリ番は報告ヨロシク そん時は土産でも買ってきます
称号一覧
現在取得した称号 ・ビンミョン ・旋盤界のロナウジーニョ ・発表のペテン師 ・板バネのヒロシ ・弓道弐段 称号は随時募集中
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
(10/01)
(09/18)
(03/26)
(03/19)
(03/17)
プロフィール
HN:
SIMO
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]